--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/09/25 (Thu) 【沖縄編その②】沖縄 ヒロ・コーヒーファーム産のコーヒー
沖縄ではもうひとつ、とても大事な出会いがございました。

時間をかけてご紹介したかったこともあり、ようやく時間を
つくって記すことができました。

それは『国産のコーヒー』です。
つくっているのはヒロさんこと、足立浩志さん。

沖縄北部の やんばる と呼ばれる地域をぐるーっと
まわり、宿への帰路にさしかかったあたりで、
【HIRO COFFEE FARM】があらわれました。
DSCF3374_convert_20080925162121.jpg
正直はじめは、長い運転のつかれをとろうと、コーヒーブレイクの
つもりで立ち寄ったのです。
DSCF3371_convert_20080925162009.jpg
コーヒーが出てくるまでのあいだに、ヒロさんが出してくれたのは
あわい黄色をした飲み物。(上記写真のコーヒーカップの左のグラス)

乾いたのどにとてもさわやかな印象でした。
これはコーヒーの若い葉っぱとレモングラスのお茶でした。

その後店内にあったHIRO COFFEE FARMさんの紹介記事を
読んでビックリ!なんと、ヒロさんは無農薬栽培でコーヒーを
栽培しているとの事!現在は1トンぐらいの生産量で、将来的
には2トンぐらいの生産量を目指していると書いてありました。

最初に出してくれてたコーヒーの若い葉のお茶も
「農薬を使っていないから、安心してお客様にお出しできる。」
(ヒロさん談)と書いてありました。

コーヒーも浅めの焙煎で、コーヒー豆の品質の良さが感じられる
風味でした。
(SlowCoffeeのカルロスさんの普通煎りぐらいの焙煎度合い)

思わず、お話を伺ってみたくなり一息ついたあと、ヒロさんの
ところへ...。
DSCF3376_convert_20080925162429.jpg
ヒロさんは一見の客のワタシに、丁寧に自作の焙煎機、7年モノ
のコーヒーの木、昨今のコーヒー業界事情などを話してくれました。
DSCF3386_convert_20080925162224.jpg
お話の中で特に印象的だったのは、大阪出身のヒロさんが
いろんな職業、土地を経てたどり着いたのがこの沖縄、東村(ひがしそん)
であり、自分が無農薬栽培で築いてきたコーヒー農園を、今は
今後の世代につないでいくことを考えている、ということでした。
DSCF3392_convert_20080925162336.jpg
ワタシたちのSlowCoffeeはブラジル、エクアドル、そしてメキシコと
それぞれその土地に生きる人たちが、その土地の森や豊かな生態系を
守りたいという思いを込めて農薬や化学肥料も使わず、栽培している
コーヒー豆ですが、日本国内にも同じ気持ちで、手間を惜しまずコーヒー
栽培に取組む人に思いがけず出会えて、とてもうれしくなりました。

足立浩志さん、ありがとうございます。
スポンサーサイト

comment

このコメントは管理者の承認待ちです
2010/01/18 00:37 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://slowcoffee2.blog92.fc2.com/tb.php/264-0097a93d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。